Youtuberになる

YouTubeで稼げない(収益化できない)動画まとめてみた【規約違反じゃなくても】

投稿日:2017年10月5日 更新日:

YouTubeで稼ぎたい(収益化したい)場合、広告を剥がされたり削除されたら無理です。

というわけで、こういう動画はダメというのをまとめてみました。

規約的には問題なさそうで、以前はOKだったのに最近のYouTubeでは無理なものも紹介します。

スポンサーリンク

規約

まずは規約を見てみましょう。

性的

はだかや性的な動画は規約違反です。

しかし男性YouTuberが動画で脱ぐシーンは普通にあるので男性ならOKの様子。ぱんつははいてください(もしくは修正)

暴力的

ぐろすぎるものはNG。

差別的

人種とか民族とか、そういうのを差別した動画はダメです。

迷惑コンテンツ

視聴回数を増やすことを目的とした誤解をまねく説明とかタイトルとかタグ付けをしてはいけません。

有害で危険

特に子供に対し、危険な行為を促すような動画

著作権違反

YouTubeは著作権に特にうるさいと言われています。

脅迫

略奪、ストーカー行為、脅迫、いやがらせ、恐喝、プライバシーの侵害、他のユーザーの個人情報の漏えいといった行為、また、他のユーザーを扇動して暴力行為に走らせたり、利用規約に違反させたりすることも許されません。こうした行為が発覚した場合、その当事者は YouTube から永久に追放されます。

出典:コミュニティガイドライン

 

規約はまぁ普通というか、一般的にYouTubeじゃなくてもダメそうな内容が禁止されていますね。

スポンサーリンク

規約違反をすると

1 回目のコミュニティ ガイドライン違反では警告が行われます。3 か月間に警告を 2 回以上受けると、次の措置が取られます。

  • 2 回目の違反警告: 3 か月間にコミュニティ ガイドライン違反の警告を 2 回受けると、2 週間はそのアカウントから YouTube に新しいコンテンツを投稿できなくなります。その後問題がなければ、2 週間後にすべての権限が自動的に回復します。違反警告はそれぞれが発行されてから 3 か月後に有効期限切れになります。
  • 3 回目の違反警告: 3 か月間にコミュニティ ガイドライン違反の警告を 3 回受けると、そのアカウントは停止されます。

出典:コミュニティガイドライン

1回目は警告のみ、1回目から3か月以内に2回目の警告を受けると2週間動画が投稿できなくなります。

3か月以内に3回警告を受けるとアカウントがBANされます。

ただし、シバターさんによると違反の中でも著作権違反には特に厳しく、前回の違反から何か月経っていようが蓄積されてある日突然BANされることがあるそうです。著作権には特に注意しましょう。

PDRさんがカリブラのファンクラブに入る動画が削除された件について(YouTube)

最近のYouTubeで無理になったもの

以前は普通に収益化できていたのに、最近では無理になったものがいくつかあります。

参考にしたのはKUNさんのこちらの動画。

【BF4】最近のFPS広告制限とYoutubeに思う事【KUN】(YouTube)

Youtube運営側の規制で物申す系Youtuberもう無理かも【KUN】(YouTube)

最近、YouTubeに「一部広告主制限」というのが導入され、これに引っかかると広告が出にくくなり、再審査を請求して通ると解除されます。

動画内でちょっと悪いワードを言っただけでも自動検知され制限される(誤検知も多い)のでほとんどは再審査で通りますが、解除されないものもあります。

一部のゲーム実況

通常、FPSのような出血シーンの多いゲームもOK(再審査に通って広告が復活する)なのですが、鎌で切りあうという内容の時はダメだったそうです。

FPSとはこういう3Dのやつです。

追記:FPSの中でPUBGはほぼ100%広告がつかなくなり、BFは全てOKになったそうです。見た感じどちらも似てるので不思議です。しいて言うならPUBGの方が血が赤い描写になってるかなと思います(BFは黒っぽい)

【超絶朗報】FPS系Youtuber復活しました!!-BF1爆撃機無双【KUN】(YouTube)

 

ホラーゲームの中で「13日の金曜日」はぐろすぎて全て広告がはがされたそうです。

よくポッキーさんが実況している「Happy Wheels」とかもけっこういろいろ飛び散る系ですが、普通に広告が出ますね。

動画タイトルが普通で特別グロくないものであればOKなことが伺えます。

ただ一度は引っかかって再審査に出さないといけなくなる可能性はあります。

タイトルにYouTuber(ユーチューバー)の名前が入っている

タイトルに「HIKAKIN(ヒカキン)」と入れただけで再審査に通らなかったそうです。

ヒカキンさんはUUUMだからダメなのかと思ったら「ジョーブログ」もダメで、「けんき」はOKだったとのこと。

動画内容は全く同じでもタイトルに名前が入っているだけで通らず、タイトルから名前を外したら通るようになった、とのこと。

有名なYouTuberの名前をタイトルに入れるのは注意した方が良さそうですね。

ちなみに、シバターさんが安室奈美恵さんについて話している動画には広告が入っていたので芸能人ならOKな様子。なんでだ。

 

タイトルにYouTuberの名前が入っていても、コラボで一緒に出ている動画はもちろん広告が出ています。

[ヒカぽんりさ] HIKAKINさん全力で可愛くしてみたwww 〜雑談しながらぽんりさメイク〜(YouTube)

YouTuberの名前であっても、一部であれば大丈夫な様子。「ヒカル&ラファエル」を「ヒカ&ラファ」にしているシバターさんの動画は広告が出ています。

ヒカ&ラファに復帰はいつになるのか抜き打ちで聞いてみました(YouTube)

タイトルに不適切な言葉が入っている

動画内容は健全でも、タイトルに良くないワードが入っていると広告が制限されてしまいます。

安全な単語かどうか迷ったらgoogleの検索窓で検索してみて、予測変換が出たらOKです(一部動画でのみダメな言葉もあります。後述)

例えば「戦争」と打つと「戦争 映画」とか自動で出てくるのでOKだと判断できます。

追記:google検索ではOKですが、「発狂」はタイトルに入っているとダメな様子。

注意:再審査について

話の流れでちょっと良くないワードを言っただけでも自動検知されて引っかかってしまいます。

そういう誤検知は再審査に出せば良いのですが、再審査には過去7日間以内に1000回再生された動画しか申し込めません。

追記:チャンネル登録者数が1万人以上であれば1000回再生の縛りはありません。

初心者の人には厳しい線引きだと思います。

なので、再生数が少ないうちはできれば最初から引っかからないように気を付けたいですよね。

もしくは1万人になるまで収益は我慢モードになるか。

ダメなワードはgoogleの検索窓で調べられますが、KUNさんが動画で言っていたダメなワードには普通ならOKの言葉もありました。

【BF4】最近のFPS広告制限とYoutubeに思う事【KUN】(YouTube)

・かす

・割れ目

・おっぱい

とりあえずKUNさんが言っていた中でこの3つは普通ならOKのワードですよね。

おっぱいって母乳のことでもあるしブログに書いてもOKなんですが、動画だと引っかかるようです。

他はなんでダメなのか意味がわかりません。「そばかす」とか「火山の割れ目噴火」の話もできないじゃないですか。

 

また、出血シーンの多いゲームもぐろすぎなければ再審査に通るようですが、再審査が請求できないうちはやめておいたほうがいいかもしれません。

 

テレビは規制が厳しいのでYouTubeは自由であってほしいのになぁ。

 

おしまい。

-Youtuberになる

Copyright© 動画エンタメ情報誌by主婦 , 2018 AllRights Reserved.