YouTube事務所

UUUMは本当に良い事務所か?エピソードから評判などを探ってみる

投稿日:2017年7月8日 更新日:

日本で最も有名なYouTuber(ユーチューバー)の事務所でありMCN(マルチチャンネルネットワーク)でもあるUUUM。

どんなところなのか気になっている人も多いんじゃないでしょうか。

というわけでUUUMはどういう会社なのかわかるエピソードを集めてみました。

スポンサーリンク

イメージ戦略がうまい

UUUMはヒカキンさんやはじめしゃちょーなど、有名YouTuberを最初に集めて「なんだかすごそうな事務所」という印象を付けました。

さらにUUUMのメンバーでバーベキューだの忘年会だのを開催し、視聴者に「UUUMはすごく楽しそう」というイメージを植え付けました。

MCNは普通、スカウトで人を集めるのですがUUUMは「入りたい」とYouTuerたち自ら思わせるのに成功しています。

そういうUUUMに入りたい人を受け入れているのが「UUUMネットワーク」の方ですね。

ネットワークについては過去記事で。

UUUMネットワークのメリット 入った方が良い9つの理由

スポンサーリンク

PDSをオワコンから救う

UUUMに入らなくてもYouTuberはできる、という立場のPDRさんですが、この動画の最後にUUUMに対し「弟のPDSをオワコンの危機から救ってくれてありがとう」と言っています。

PDSさんは一時期、登録者数がユーチューバーの中で日本一になったこともあるんですが、その後はヒカキンさんに抜かれたりして伸び悩んでいました。

それが、UUUMに入ったことで注目され、盛り返したようです。

UUUM自体の注目度が高く、ブランド力もあるからこそですね。

YouTubeのイベントはUUUMのクリエイターばかりだった

これもPDRさんが言っていましたが、ある時YouTubeが登録者数50万人以上の人を招待したイベントを開催しました。

PDRさんも50万人以上いたのに呼ばれず、UUUMの人ばかりだったそうです。

UUUMと他事務所との違い

なぜYouTubeからUUUMが優遇されているのか。

それはUUUMがMCNだからと考えられます。

MCNと普通の事務所との大きな違いは、所属クリエイターが事務所を通してYouTubeの収益を受け取っているかそうでないか。

UUUMのクリエイターは、YouTubeの収益をUUUMを通して受け取っています。

それに対し、ジェネシスワンやVAZ、NextStageはMCNではないのでクリエイターに直接YouTubeから支払われます。

 

MCNは所属クリエイターの収益を一旦受け取れるしくみになっています。

こんなことは、YouTubeに承認されていなければできません。

何らかの審査をクリアーして承認されているので、YouTubeとのつながりが深いと考えられます。

YouTubeのイベントにUUUMの人ばかり呼ばれるのも納得できますね。

 

ちなみに、日本のMCNはUUUMの他にもガジェクリやOnline Creators、OMO(吉本興業)などがあります。

この中で一番規模が大きいのがUUUMです。

クレームを入れる

ヒカルさんが動画のサムネイルに、薄くモザイクをかけたヒカキンさんの画像を使ったところUUUMからお叱りを受けたそうです。

さらに、UUUMから叱られたことを受けて出した謝罪動画もすぐ削除されました。

「余計なことバラすな!」とまた怒られたんでしょうか・・・?

 

PDRさんもよくUUUMやUUUMのクリエイターをイジるのでクレームを受けていたようです。

カリスマブラザーズ(UUUM所属)のファンクラブ限定動画を勝手に使った際は削除されていました。

 

UUUMは所属クリエイターの肖像権やイメージを守るために、なかなか厳しく目を光らせているようです。

無所属YouTuberに容赦ない

PDRさんが所属事務所のジェネシスワンを辞めた際、UUUMの人が「事務所辞めたんならすぐ動画を消せますね」と発言したそうです。

無所属YouTuberの動画は事務所に守られていないので消しやすい、ということだと考えられます。

詳しくはこちらの記事に書いています。

PDRさん、事務所辞めるってよ ジェネシスワンとUUUMの裏側が垣間見えた

動画から広告を剥がした?

少し前に、はじめしゃちょーの女性問題がありましたが。

みずにゃんが暴露した証拠たち はじめしゃちょーの元彼女&浮気【れいな、江崎葵】

しばらくして、この問題を扱った動画には広告が表示されなくなるという事態が起きました。

女性問題を暴露したみずにゃんさんはもちろん、それ以外のYouTuberでもこの問題について触れている動画からは広告が消えました。

 

はじめしゃちょーの問題を扱った動画だけピンポイントに広告が剥がされるというのは、普通に考えて人為的に操作しないと無理だと思います。

UUUMが何らかの対策をYouTubeに求めたと考えられるのが自然ではないでしょうか。※あくまで私の見解ですが

UUUMだと広告が表示されやすい

2017年の前半、「広告が表示されない」「単価が下がった」という声がYouTuberから多く聞こえていました。

そんな中、みずにゃんさんによると「UUUMのYouTuberは他事務所の人たちよりも広告が表示されていた」そうです。

やはり、ただの事務所ではなくMCNとしてYouTubeに承認されているというのが大きいんですかね。

所属している人の動画には口出ししない

UUUM所属の桐崎栄二さんは「UUUMは全然動画に対して口出しをしてこない」と言っていました。

UUUMでもUUUMネットワークでも、所属クリエイターの動画については基本的に口出ししないようですね(著作権侵害など明らかに問題のある場合は別)

 

口出ししない、というと自由で良いように思いますが、チェックが甘いということでもあります。

そのため、はじめしゃちょーがゴルフクラブを折るような動画もそのまま公開され炎上してしまいました。

UUUMは自由だけれど、そのぶんトラブルや炎上を事前に防ぐ能力は低めだと考えられます。

流れる広告が選べる

YouTuberのよりひとさんが人から聞いた話として動画で言っていたのですが、UUUMに入っているとYouTubeの広告が選べるそうです。

例えばゲームの広告は単価が高いので優先して流したり、逆に単価が低いタイプの広告は流れないようにしたりできるとのこと。

これもYouTubeに承認されているMCNだからこそ可能なことと言えます。

YouTube収益の20%をピンハネ

UUUMは収益の20%をピンハネすることで有名です。

UUUMネットワークの方は一律500円に変わり、だいぶ安くなりましたね。

 

ヒカルさんがVAZの執行役員になった理由として「VAZはピンハネして稼ぐような事務所じゃないから」と、UUUMを意識したような発言をしています。

が、VAZはMCNではないのでそもそもYouTubeの収益をピンハネすることはできません。

UUUMはMCNということもありYouTubeとの繋がりが強いので、チャンネルが削除されたりといったリスク回避や、ゲームやカラオケの著作権問題をクリアできたりと他事務所にはないメリットがあります。

ピンハネ分の価値はある・・・のかもしれません。

へきトラハウス(当時はジェネシスワン所属)の、アカペラで100点をとろう!という動画。

カラオケボックスにいるのにわざわざアカペラなのは、カラオケ音源の著作権が気になるからでは。

使えないのを逆手にとって面白い企画にしているのはさすがですが、UUUMに入っていればJOYSOUNDのカラオケ音源が使えるのでカラオケ動画を普通に出すことができます(JOYSOUND限定ですが)

悪名が出てこない

いろいろYouTubeの闇を調べているみずにゃんさんですが、UUUMからは悪いことが出てこないと言っています。

他の事務所からは、詐欺まがいのアプリを紹介したり、何かしら悪いところが見えてきたりするようですが、UUUMからは何も出ないそうです。

さすが上場企業といった感じ。しっかりしているようです。

結局UUUMの評判はどうなの?

UUUMネットワークの方はときどき脱退する人がいますが、本家のUUUMでは見たことがありません。

 

ピンハネされるし、炎上を防げないことも普通にありますが、写真を勝手に使われた際はクレームを入れたり削除したりと所属クリエイターのために対処しています。

なにより、所属している人が全然やめない(おそらく満足している?)ということはじゅうぶん評判が良いと言えるんじゃないでしょうか。

 

おしまい。

-YouTube事務所
-

Copyright© 動画エンタメ情報誌by主婦 , 2018 AllRights Reserved.