一般エンタメ

小室哲哉がKEIKOにだけメロメロになった理由 なぜ華原朋美じゃなかった?

投稿日:2017年1月11日 更新日:

小室哲哉さんといえば3度結婚していて、かつて華原朋美さんと付き合っていたのは有名ですね。

その頃はどちらかといえば恋人に対してクールな印象でした。

朋ちゃんの方が小室さんに夢中という感じでした。

それが、KEIKOさんと結婚した途端にデレデレになり、テレビ番組で嬉しそうに奥さんの話をしたり写真を出したりしていました。

その差は一体何だったのか?

いわゆる小室世代の私が、ずっとリアルタイムで観てきてわかったことから分析します。

追記:小室さんの引退会見についてはこちらの記事にまとめました。

小室哲哉 引退会見の要点まとめと感想【理由、KEIKOの現在、A子etc】

スポンサーリンク

小室哲哉と華原朋美

売れないアイドルだった華原朋美(アイドル当時は遠峯ありさ名義)を小室哲哉が気に入り、交際がスタート。

小室さんは当時篠原涼子さんやTRF、後に妻になるKEIKOさん率いるglobeでヒットを連発する敏腕プロデューサーでした。

「遠峯ありさ」は深夜番組に出ていたみたいですが、知名度はありませんでした。

小室さん、よく見つけたなーという感じ。

その後、朋ちゃんが歌を口ずさんでいたのを聞いて「いける!」と思った小室さんが歌をプレゼントして一躍スターになります。

正にシンデレラストーリーと言われていました。

 

小室さんは時々、朋ちゃんが歌うバックでギターを弾いたりピアノを弾いたりして共演していました。

朋ちゃんは歌の最中に小室さんばっかり見て全然前を向かなかったり。

朋ちゃんがダウンタウンの歌番組に出演した際、「小室さんがしんだらどうする?」と聞かれて

朋ちゃんもしぬ」とマジなトーンで答えていたのが印象に残っています。

 

顔もかわいくてスタイルも良く、それでいて子供っぽい天真爛漫キャラの朋ちゃんはとても人気がありました。

堂々と彼氏と一緒にテレビに出て、ラブラブぶりをアピールし、それでいて男性人気も高かったというのは今考えればすごいですね。

今は彼氏が存在するだけで謝罪させられますから。

 

視聴者から見ていると、子供っぽい華原朋美とそれを見守る保護者のような大人の小室さんというイメージでした。

朋ちゃんが小室さんを好きなのは画面からガンガン伝わってきましたが、小室さんの方はそんなこともないなーという印象。

 

その後、2人は破局して小室さんは元dosのASAMIとデキ婚するも、10カ月で離婚してしまいます。

朋ちゃんとの破局理由は、朋ちゃんのわがままに小室さんがついて行けなくなったからと言われています。

 

破局した頃は朋ちゃんのCDの売上が低下していたので、当時はそのせいかなーと思っていました。

明らかに売上が下がると同時に、2人が共演しなくなったので。

でも、落ち目になったのは「小室さん」というブランドの勢いが落ちてきていたのと、楽曲のクオリティーの問題だと思います。

スポンサーリンク

小室哲哉とKEIKO

ASAMIさんと離婚したのはKEIKOさんと小室さんの関係が原因だと言われています(あくまで噂ですが)

そして、離婚してすぐにKEIKOさんと再婚しています。

 

で、KEIKOさんと結婚した途端、小室さんは人が変わったようにKEIKOさんにデレデレでした。

堂本兄弟という番組で、「大事な事を3つ答えてください」という質問で即答で「KEIKO」と答え、

その後も恋愛といえばKEIKO、結婚と言えばKEIKO、とKEIKOさんの名前を連発します。

 

しまいには「家では(僕は)甘えん坊なんです。赤ちゃん言葉とか使っちゃったりして・・・」と、いい歳こいたオッサンが言っちゃってました。

 

小室さんがひとりで番組に出演すると、必ずKEIKOさんの写真を出したりと、仲の良さアピールがすごかったです。

 

2008年に小室さんが詐欺で逮捕された際は、KEIKOさんとのエピソードが連日報道されました。

 

・小室さんは、スタッフの給料は払わないくせに、妻には35万円のワインを飲ませる。

・高級なプレゼントをKEIKOに渡す。「KEIKOに1000万円渡したい」とも言っていた。

 

情報番組で、テリー伊藤さんが「小室さんは前に、『お金はないけど、良い嫁がいるからいい』と言っていた。」とコメントしていて、仲の良さは相変わらずだったようです。

 

執行猶予の判決後、出演した番組では「妻がいなかったら、今僕はここにいないと思う」と語り、

司会のみのもんたさんに「60歳過ぎると女房がもっと大事になりますよ。大事にしてあげてください」と言われた小室さんは笑顔で「はい、誓います」と結婚式の誓いのように答えました。

 

2011年にKEIKOさんはくも膜下出血で倒れてしまいますが、小室さんはその後もずっとKEIKOさんを支え続けています。

 

私は朋ちゃんと付き合っている頃の小室さんもよく見ていたので、結婚してからの変わりようがすごいなと思いました。

正直、KEIKOさんは結婚したあたりから太ったりして、テレビに出るたびネットでもその容貌の変化が話題になっていました。

しかし、小室さんのKEIKOさんを見る目はいつも温かく、デレデレ。

かわいさではやっぱり朋ちゃんの方が・・・と思ってしまいますが、なぜ小室さんはこんなにKEIKOさんを好きになったのでしょうか?

KEIKOは小室にとって実は「母」

逮捕前に出演した「オーラの泉」という番組で、小室さんは霊能者である江原さんに

「とても孤独な人生を送ってこられた」

と言われています。

よく今まで生きてたね、というレベルで孤独だったそうです。

父親と仲が悪かったみたいですが、母親もいたようですし、なぜそこまで孤独だったのかは語られていませんでしたが親の愛情には間違いなく飢えていたのでしょう。

番組の中で小室さんは「僕は今の家では、完全に子供」と言っていました。

家で赤ちゃん言葉を使っているぐらいなので、マジで子供なのでしょう。

 

KEIKOさんとご飯を食べているシーンが映っていましたが、KEIKOさんが小室さんに対して「よかったねー?」と言っていました。

文脈はわかりませんが、母親が子供に話しかけるようなトーンでした。

 

つまり、愛情に飢えた小室さんは「母親」を求めていました。

KEIKOさんが初めて、小室さんに対し母親のようになってくれたのでしょう。

 

朋ちゃんはむしろ、朋ちゃんの方が子供でした。

小室さんに父親のようなものを求めていたことでしょう。

無理な話ですね。なんせ小室さんは赤ちゃんですから(笑)

 

dosのASAMIさんも、母親という雰囲気はなく、ちょっと影のある今風の女性という感じでした。

朋ちゃんは小室さんより16歳下、ASAMIさんは17歳下です。

 

かなり年上と付き合う女性は、男性に包容力とか、父親みたいなのを求めるタイプが多いと思います。

小室さんとうまくいかないのは女性のせいというよりも

小室さんの「母親」を求めているくせに若い女性が好きという矛盾したところが原因ではないでしょうか。

おとなしく年上の女性と付き合っておけばいいのに・・・。

 

さらに、KEIKOさんは子供を作りませんでした。

小室さんのようなタイプは、自分自身が子供でいたいので本当の子供なんて欲しくないでしょう。

KEIKOさんはそこを理解して、子供は作らない選択をしたのではと考えられます。

 

小室さんにとって、KEIKOさんがどう太ろうが顔が変わろうがオールOKなのです。だってKEIKOさんは母親だから。

オンリーワンの大切な存在なのです。

 

KEIKOさんはだいぶ回復されているようですが、さらによくなることをお祈りします。

追記:KEIKOさんのツイッターでお2人の写真が公開されていました。

 

2017年6月11日の、話題になったツイートがこちら。

相変わらず仲睦まじいですね。女の子は親戚の子かな?

KEIKOさんのツイッターはほとんどが「お休みなさい」で埋め尽くされているので心配でしたが、お元気そうですね。

 

2017/8/16追記:小室さんのインスタグラムで、KEIKOさんの歌声が公開されました!

録音した時期は不明ですが、昔を思い出す懐かしい歌声で、こんなに歌えるんだーと感動しました。

 

病気後に創って唄ってみた keikoの声です。きっと今は もっと上手になってると思う。

Tetsuya Komuroさん(@tk19581127)がシェアした投稿 -

2018/1/19追記:この歌声のレコーディング時期は不明でしたが、小室さんの引退会見の中で「病気後、初期の頃に無理矢理レコーディングスタジオに連れて行って歌ってもらった」という話をされていました。その後4年(5年近く)経っていると話していたので、この歌声は2013年前半頃のものだと推測できます。

2017年11月27日、小室さんの誕生日には二人の写真がインスタグラムにアップされました。

相変わらず仲が良さそうです!

「来年は、再来年は、どうなんだろうとは思いますが」っていうのがちょっと気になります。ずっとこの調子でいってもらいたいものです。

 

以上です。

あくまで私の考えですが、こんなところでしょう。

読んでいただきありがとうございました!

 

おしまい。

-一般エンタメ
-

Copyright© 動画エンタメ情報誌by主婦 , 2018 AllRights Reserved.