ユーチューバー考察とか

ヒカルは本当に日本一のYouTuberになれるのか検証してみた vsはじめしゃちょー、HIKAKIN等

投稿日:2017年5月26日 更新日:

YouTuberのヒカルさんといえば、4月のお祭り動画をテレビでも紹介されたりと大人気ですね。

そんなヒカルさんは「日本一のYouTuber(ユーチューバー)になる!」と時々発言されています。

ヒカルさんは本当に日本一になれるのでしょうか?

そもそもヒカルさんの言う「日本一」の定義がハッキリしないので「チャンネル登録者数日本一」「保有チャンネル合計での登録者数日本一」などに分けて検証してみました。

スポンサーリンク

日本一のYouTuberとは

ヒカルさんが既に達成したことがあるのは「登録者の月間増加数日本一」「(お祭り動画で)高評価数日本一」です。

これらを達成した後も「ヒカキンさんやはじめしゃちょーを超えて日本一になる」と発言しているので、「日本一」の定義はもっと他にあるようです。

というわけで検証する前に、定義を考えてみないといけません。

単独チャンネルでの登録者数日本一

おそらく一番わかりやすい「日本一のYouTuber」はこれですね。

ヒカルさんのチャンネル登録者数は2017年5月26日現在で約203万人

最大のライバルは現在日本一のはじめしゃちょー(約516万人)です。

強すぎるライバルですが、超えられれば日本一になれます。

所有チャンネル合計での登録者数日本一

メインチャンネルの他にもサブチャンネルなどを持っていたら、そちらの登録者数も足した合計の日本一。

はじめしゃちょーが「HikakinTV」の登録者数を超えたとき、「はじめしゃちょーが日本一になった!」と話題になりましたが、同時に「チャンネル合計ではHIKAKINがまだまだ日本一」という意見もありました。

合計すると1位、というのも「日本一のYouTuber」の定義としてじゅうぶんです。

 

この場合、たくさんチャンネルを持っていると有利になりますね。

ヒカルさんの場合「Hikaru Games」というゲームのチャンネル(登録者数約48万人)も持っています。

 

最大のライバルは現在日本一のHIKAKIN(約933万人)です。

さすが大御所。すごい数字です。

ヒカキンさんはHikakinTV(約423万人)、HikakinGames(約284万人)、HIKAKIN(約188万人)、HikakinBlog(約38万人)、と4つものチャンネルを持っています。

一方のヒカルさんはチャンネルが2つしかないのと、Hikaru Gamesはあまり更新されていないこともあり、ヒカルさんは不利な戦いになりそうです。

ヒカルさんの2つのチャンネル合計登録者数は251万人です。

厳しい戦いが予想されますが、果たして神を超えられるか?

動画再生回数日本一

2位にはなったことはありますが、1位はまだ取っていないのが「動画再生回数日本一」です。

YouTuberは再生されることが一番大事ですから、再生回数1位になれば「日本一のYouTuber!」とじゅうぶん言えるでしょう。

年間を通しての再生回数で考えるにはまだヒカルさんの本格的なYouTuber歴が短いので、とりあえず月間で日本一になれる可能性があるのか検証してみようと思います。

最大のライバルは、ヒカルさんが2位の時にも1位だったFishre's-フィッシャーズー(4月の再生回数2億1930万回)です。

最近は月間再生回数1位の常連のようですね。勢いがとんでもないです。

ヒカルさんは果たしてフィッシャーズを超えられるのでしょうか。

 

もしヒカルさんに「日本一の定義は何ですか?単独でのチャンネル登録者数ですか?それとも合計ですか?再生回数ですか?」と聞いたら、おそらく

 

「全部や」

 

と答えるでしょう。そんな気がする。

それでは全部検証してみましょう。

スポンサーリンク

vsはじめしゃちょー

はじめしゃちょーを超えればチャンネル登録者数日本一です。

 

ヒカルさんはたまに「月間の登録者増加数が日本一になった」と言っています。

それなら、徐々に差を縮めていつかははじめしゃちょー(516万人)を超えられるのでしょうか。

最近6カ月の登録者増加数比較

はじめしゃちょーは3月に炎上があり、4月は活動休止していました。

これでは数値の参考にならなさそうなので、はじめしゃちょーは2016年9月~2017年2月、ヒカルさんは2016年11月~2017年4月で比較してみました。

数値は6カ月間の合計です。

 

はじめしゃちょー 増加数約94万人

ヒカル(Hikaru) 増加数約98万人

 

おっ、さすがヒカルさん。約4万人も上回っています。

この調子でいくと6カ月ごとに4万人差を縮められるということです。

 

そうすると、現在203万人のヒカルさんが516万人のはじめしゃちょーを超えるのはいつなのか計算すると・・・。

 

約448カ月後

 

となります。37年と4カ月後ですね。

おおざっぱに計算したので多少ズレるかもしれませんが、だいたいこれぐらいになりそうです。

おおお、やっぱり超えられるんですねー。よかったよかった。

 

 

・・・ってオイ!

 

37年後って、YouTube自体がどうなってるかすら全くわからないですよ!

ヒカルさん63歳になってるじゃないですか!

 

そもそもヒカルさんはとにかく「大人気!」「勢いがすごい!」というイメージですが、今まで1位の月以外はだいたい増加数ランキングで5~10位以下でした。

4月を除いた昨年11月~今年3月までの登録者増加数の平均は月10万人ほど。

トップクラスのYouTuberであることは間違いないんですが、ゴリゴリのトップランカーなのはやっぱりはじめしゃちょー(月平均の増加数15.7万人)の方でした。

はじめしゃちょーはかわいい顔して、思っていた以上にモンスターYouTuberです。

 

ヒカルさんは今年4月にお祭りのくじ動画がバズり、その影響でこの月の登録者増加数は45万人にものぼっています。当然、4月の増加数1位です。

その4月を計算に入れるのはおかしいと思うかもしれませんが、バズというのは、終わったからといって完全にバズる前に戻るわけではありません。

バズる前は月平均10万人ほどの増加数でしたが、勢いのあるヒカルさんならバズった後は平均16万人になってもおかしくないです。

今後も「半年で98万人の増加」を保つことは可能だと考えられます。

もしかすると、もっと増やすこともできるかもしれません。

ただ、はじめしゃちょーだって勢いがあるしバズを起こせるわけで、追い抜くとなるとやっぱり難しいわけで・・・なんせ順当に計算したら37年かかるし。

 

ということで、「ヒカルさんははじめしゃちょーを超えて、チャンネル登録者数日本一になれるのか?」という疑問の私なりの答え。

 

今のところは非常に難しい

 

と言わざるを得ません。うーん、意外。

vs HIKAKIN

ヒカキンさんを超えて、所有チャンネル合計での登録者数日本一になれるでしょうか。

最近6カ月の登録者増加数比較

2016年11月~2017年4月で調べました。

 

HikakinTV 増加数約65万人

HikakinGames 増加数約50万人

HIKAKIN 増加数約3万人

HikakinBlog 増加数約4万人

 

ヒカル(Hikaru) 増加数約98万人

Hikaru Games 増加数約9万人

 

ヒカキンさんは全チャンネルを合計すると半年で122万人の増加。

ヒカルさんは107万人の増加です。

 

これは困りました。ヒカキンさんを超えるどころか引き離されています

ヒカルさんは4月のお祭り動画のバズがあるにもかかわらず、15万人の差がついています。

人気チャンネルを複数持つヒカキンさんは、さすがに最強です。

ちなみに4月だけで言うならヒカキンさんは合計26万人の増加、ヒカルさんはお祭り動画のバズで合計47万人も増加させています。

21万人も差を縮めていますね。

もし4月級の登録者増加数を続けられるのであれば、ヒカルさんは約32カ月(2年8か月)でヒカキンさんを超えられそうです。

ただ、4月の増加数を保ち続けるというのはさすがに現実的ではないですね。5月では今のところ再びヒカキンさんが上回っています。

 

ということで、「ヒカルさんはHIKAKINさんを超えて、所有チャンネル合計登録者数日本一になれるのか?」という疑問の私なりの答え。

 

今のところは非常に難しい

 

と、また言わざるを得ません。なんせ基本的に差が開いて行っているので・・・。

 

ちなみにメインチャンネルだけで比較すれば、ヒカルさんは「HikakinTV」を超えられそうに見えますね。

半年で33万人もヒカルさんが上回っています。

計算すると、ヒカルさんが「HikakinTV」を上回るのは、約41カ月後(3年と5カ月)になります。

これでも長いと言えば長いんですが、まだ現実的な期間です。

見てみたいですね、ヒカルさんがHikakinTVを超える瞬間を

vs Fishre's-フィッシャーズー

月間動画再生回数でフィッシャーズを超えれば、再生回数日本一です。

最近6カ月の動画再生回数比較

これも2016年11月~2017年4月で調べました。

 

Fishre's-フィッシャーズー  再生回数約9億6900万回

ヒカル(Hikaru) 再生回数約4億680万回

 

ケタがでかすぎる。

いや、正直フィッシャーズがここまで怪物だとは知らなかった

 

ヒカルさんの4月のお祭りくじ動画は、テレビでも数多く取り上げられ現時点で1300万回も再生されている超バズった動画です。

それがあるにもかかわらず、フィッシャーズには及びませんでした。

 

ヒカルさんの4月の再生回数は1億2478万回。お祭り動画もあったのですごい数字です。

しかし、フィッシャーズは去年の12月以降、この1億2478万回を毎月上回り続けています

4月は2億回を超えていたりします。

えげつないですねマジで。

 

ということで、「ヒカルさんはフィッシャーズを超えて、動画再生回数日本一になれるのか?」という疑問の私なりの答え。

 

今のところは非常に難しい

 

と、またまた言わざるを得ません。

フィッシャーズがすごすぎて、超えられるビジョンが今のところ見えません。

たしかに面白いですけど、ここまでフィッシャーズが人気の理由って何なんですかね?めっちゃ仲良さそうだから?

まとめ

意外や意外、ヒカルさんが日本一のYouTuberになる道のりは険しいようです。

しかし、日本一になるのが至難の業なことはヒカルさんが一番よくわかっているはずです。

それでも「日本一になる!」と豪語して、それを視聴者に「ヒカルならできそうだ」と思わせるだけの説得力があります。

私は検証してみるまで、ヒカルさんが日本一になるのはもっと現実的な話なんだと思っていました。同じように思っていた人も多いでしょう。

それはヒカルさんの術中にハマっていた証拠です。ヒカルさんは視聴者にそう思わせられる力(洗脳に近いw)があるのだと思います。

 

思い返せば、「伸びているユーチューバーは高評価が多いし、女性人気が高い!」とかヒカルさんはよく研究していました。

ヒカルさんが一番伸びているはずなのに、なんで研究しているのか不思議でした。でも実は伸び悩んでいたんですね。

今年3月の増加数は7万人台で、ちょっと失速していたのです。

一番伸びているなんてことは全くなかったんです。でも私はヒカルさんの自信満々の発言などを観て、めちゃくちゃ登録者数が増えていると思い込んでいました。

 

それと、ヒカルさんは動画のコメント欄を承認制にしましたよね。

それでけっこう批判されていたようですが、それも考え抜いた末の苦肉の策だったのかなと思います。

私はYouTubeに動画を出したことがないので詳しくはわかりませんが、承認制にするというのはおそらくゾッとするほど手間でしょう。

動画を出すたびに数千件のコメントが来るのを、いちいち読んで承認するわけですから。

それだけ本気のヒカルさんなら、誰も予想できないようなとんでもない奇跡を起こしてくれそうです。

 

奇跡を起こして日本一になったら、ぜひ名前をミラクルヒカルに変えて、宇多田ヒカルのものまねを急に始めて「そっちのミラクルひかるかい!」とまえすにツッコまれてほしい。

今回いろいろ調べてみて、余計にヒカルさんを応援したいと思いました。

2017/9/3追記:ヒカルさんはVALU騒動で炎上し、登録者解除祭りを解除されるなどして登録者が激減。

日本一は遠のいてしまいました。

VALU騒動で知った、ヒカルのどうでもいいけど「へ~」な小ネタ集【メガネが実は・・・】

ヒカルのVALU問題は今現在どうなってるのかまとめてみた 買い戻しは途中で終了?

ヒカルはこれから先どうなる?今後を考察してみた【むらいルート】

 

おしまい。

-ユーチューバー考察とか
-, , ,

Copyright© 動画エンタメ情報誌by主婦 , 2018 AllRights Reserved.