ユーチューバー考察とか

マックスむらいが最近のAppBankについて暴露 チャンネルの現在、決算は赤字etc 

投稿日:2017年8月10日 更新日:

YouTuber(ユーチューバー)でもありAppBank株式会社の経営陣の一人であるマックスむらいさん。

最近はオワコンと言われていますが、AppBankの現状についてヒカルさんのコラボ動画でかなり正直に語っています。

本日(2017年8月10日)発表された会社の決算と照らし合わせて、まとめてみました。

マックスむらいさんとAppBankについては以前の記事でも書いているのでそちらもどうぞ。

マックスむらいの現在をまとめてみた AppBank&YouTuberとしての今

スポンサーリンク

あいたかはしくんのチャンネルがなかなか更新されないのはなぜ?

ヒカルさんから「あいたかはしくんはなぜ最近動画を更新しないのか?」という質問。

あいたかはしくんのチャンネルは登録者数が37万人もいて人気ですが、更新頻度にはムラがあり数カ月更新されないこともあります。

 

マックスむらいさんいわく「本人じゃないから100%代弁できるわけではないけど」と前置きしつつ

「会社で起こった事件とかそういうものの影響を被弾してしまい、彼の心の傷みたいなものに結構なっているんじゃないか」

「上司として『自分で撮りたいものを撮れるようになるまでは無理しなくていいよ』というスタンスを1年ぐらい続けている」

とのこと。

事件というのは約1年半ほど前に起こったAppBankの元役員による1億4000万円の横領事件のこと(現在は判決が出て、横領主は塀の中)

また、それによりめちゃくちゃ叩かれたこと。

会社やマックスむらいさんが総叩きにあっているのにあいたかはしくんだけ無事というわけにはいかなかったのでしょう。

 

すごい勢いのあった時代から一気に横領事件などで急降下し、社員にもマイナスの効果をもたらしてしまったらしい。

終始ひどいことを言われるマックスむらい

ヒカル「今、どう思ってるんですか?全盛期の頃からドーンと下に落ちて。むらいさん以上に上から下に落ちた人ってYouTubeにいないと思います。東京タワーから一番下に落ちたみたいな。」

 

むらい「(落ちる途中で)どこかにしがみついたりしてないです?」

 

ヒカル「ここより下はない(というところまで、マックスむらいさんは落ちてる)んじゃないかって思ってます。」

 

むらい「(笑)」

 

ヒカル「僕もいつかマックスむらいさんみたいになるんじゃないかという恐れ・・・YouTuber全員が恐れてると思います。むらいルートって言葉もできたぐらい」

 

むらい「エゴサーチしてたら出てきたよ、『むらいルート』って。」

 

ヒカル「YouTuberが一番通っちゃいけないエンディング、っていう」

 

むらい「完全にバッドエンドの使われ方じゃないですか」

 

ヒカル「オワコンのなれの果て

 

 

とにかくヒカルさんの言い方が終始きつい(笑)

でも、このキツさももしかすると計算なのかもしれません。

ここまで面と向かってひどいことを言われていたら、マックスむらいさんのアンチですら同情しそうです。

 

ヒカルさんはひどいこと言ってますが、マックスむらいさんのことは会社を上場まで持って行った経営者として、またYouTubeを会社という組織で利用した初めての人として尊敬しているんだそう。

スポンサーリンク

AppBank経営の現在

動画内で聞けたAppBankについての現状などをまとめました。

・ヒカルに「会社が傾いてますよね」と言われうなづくマックスむらい

・横領事件以降、アルコールを飲まないと家に帰れない

・事件以降の1年半はずっと暗黒時代

はげた

・全盛期は今の規模の10倍から20倍ぐらいのものが、今よりも半分ぐらいの気持ちの入れ方でできていた

・今は全盛期の10倍の気持ちや時間をかけ企画をやっても、得られる数字は10分の1以下

・動画は今も頑張ってはいるけど、動画は2割、新規事業8割ぐらいの時間の投下をしている

・YouTubeはキープしつつも、方向転換している

・今まではマックスむらいの人気で、人(視聴者)をStoreやアプリ等に流して利益を出していた。これからはその「マックスむらい」を別のものに置き換えたい

 

「マックスむらいというコンテンツ」は今までAppBankに人を集める柱でしたが人気が落ちてしまったので、別の柱が必要になっている。

というわけで人を集める新規事業を展開しているとのこと。

その事業とは主に

麻雀ゲーム(麻雀ツモツモというアプリ)漫画(デネシィというサイト)

だそうです。

Denesy-デネシィ-(外部サイト)

まだわずかでもマックスむらいの勢いが残っているうちに、その勢いをこれらの事業に乗り移らせたいとのこと。

 

・麻雀ツモツモは今のところまだそんなにうまくいっていない(ユーザー数が少ないので、まだユーザー同士のマッチング(対戦)がうまくできない)

・デネシーというサイトでは漫画に関するニュースと、オリジナル漫画を無料公開している

・デネシーは、意外といい感じ

 

なぜかヒカルさんを題材にした漫画をデネシーで出すことになった様子(笑)

そしてマンガ版ヒカルさんを麻雀ツモツモにも出して相乗効果を得る目的のよう。

ところでAppBankという社名はAppleとSoftBankから取ったらしいですが、漫画サイトの「デネシィ(denesy)」って、ディズニー(disney)にちょっと似てるような。

出典:マックスむらい(AppBank)の過去と今、全ての闇を包み隠さず暴き公開します

マックスむらいさん自らAppBankのグラフを書く。

急降下する様子を「俗に言うむらいロードです」と自虐しています。

横領事件以降Yahooニュースのトップになったり、フライデーに載ったり、そのたびに落ちていったようですね。

ちなみにニュースもフライデーも内容は横領関連だと思います。株価のこともあるかも。

 

このグラフを見たヒカルさんは「本当は今もっと下でしょ。地平線超えてるでしょ」とまた毒を吐きますが、「まだゼロにはなっていない」と最後のプライドを見せるむらいさんでした。

決算報告から見るAppBank

今日(2017年8月10日)、AppBankが決算を発表。

決算前を狙ってコラボ動画を出したと考えられますね。

 

で、決算ですが今年1~6月は2億6600万円の赤字となっています。

去年の同期は2900万円の赤字だったので、赤字拡大といった感じ。

やっぱり厳しい現状が浮かび上がりました。

原因はYouTubeとかのメディアが不振なのが大きいようですね。あとストアもあまり売れてない様子。

 

しかしコラボ動画が出た翌日から株価が2日連続ストップ高になったりと効果は抜群でした。まぁその次の日(今日)はストップ安になってしまいましたけど。

この動画は視聴者の心にも響いたようで、マックスむらいさんの味方が増えたように感じます。

追記:チャンネル登録者数も今まで減り続けていましたが、8/20に調べたところ1日平均3500人増えるようになりました。高評価率も40%ぐらいだったのに90%にまで回復。すごすぎ。

 

今後も頑張ってほしいですね。

 

おしまい。

-ユーチューバー考察とか
-,

Copyright© 動画エンタメ情報誌by主婦 , 2018 AllRights Reserved.